fc2ブログ
脂肪腫の検査結果
2012年10月19日 (金) | 編集 |
引き続き僕が!!!

PA190029_convert_20121019201441.jpg

近い近い!!^^;


はい。ボクですw
PA190030_convert_20121019201602.jpg


本日アルの再診察と検査結果を聞きに行ってきました。



一応良性の脂肪腫でしたが、良性の中の最悪の位置にある『浸潤性脂肪腫』でした。

浸潤性脂肪腫について詳しく調べようと思いましたが、専門的に詳しく載っているサイトが見つからなく
いろんな方のブログには詳しく載っていましたが、勝手にリンク貼りにくく、私のわかりにくい説明でご覧ください。


普通一般的な脂肪腫は体の外にプックリ出てきます。
アルも脇から前足の膝にかけて腫れていますが、浸潤性というのは筋肉の組織にまで細胞が入って
中に中に入っていく性質があるそうです。
なので、アルの今の状態は外に出ている以外に体の中にまで脂肪腫という腫瘍が入って行っている可能性が高いのです。

なのに、なぜ良性なのか・・・???
それはWHOの基準に沿うと良性という判断になるだけで、実際はよくはありません。
良性の悪性の違いは一言で言えば、転移するかしないかだそうです。
アルの場合は転移はしない細胞なので良性ということです。


先生は「この前の手術で深追いしなくてよかったです」と言っていました。

今すでに体の中まで入っているのか、これからなのかそれはわかりませんが、この先考えられる症状を聞きました。
まず、足の神経に影響をしてビッコをひくようになるかもしれません。
中にどんどん入っていった場合場所が場所なので、肺を圧迫して呼吸器に影響がでるかもしれません。
との見解でした。

もちろん、すぐにそうなってしまうことは考えられず、もしかしたら、一生このまま元気に過ごせる可能性も十分に残っています。
さすがに私もショックでしたが、悲観ばかりせずに良い方向に考えていきたいです。

今日も元気いっぱい、食欲もいっぱい^^
そして、明日も明後日もずっとそうだと信じていたいです。



さて、おまけの話。
アルの名前「アルフォード」っていうのは間違っていました。
何をどう勘違いしたのか、私はすっかり「アルフォード」だと思い込んでいました。

ところが・・・・・「アルフォンス」が正式の名前でした。

あははははは^^
ごめんよぉ~
でもね・・・ずっと気にかかっていたのは、我が家の子は娘が飼っているショコラ以外はみんな星に関する名前ばかり、アルだけ違うことに違和感みたいのものを持っていました。

そこで!!!!考えました。
アルは「アルタイル」のアルでいいんじゃね???
まあ、アルフォードでもアルフォンスでもアルタイルでも、呼ぶときは「アル~~~~~!!!」なんだけどね^^;
スポンサーサイト



テーマ:わんことの生活
ジャンル:ペット