スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
房作り
2015年06月12日 (金) | 編集 |
花切りと粒抜きの間には、房作りという作業があります。

花を切って大きく育った房は棚の上に乗っかっていたり、絡まっていたり・・・・・


DSC_9312_convert_20150612070609.jpg
ロザリオです。
とても大きい房です。
これを


DSC_9313_convert_20150612070623.jpg
肩を落としたり下をつまんだりして逆三角のぶどうの形に整えます。
この房は最初一つかと思いましたが二つが絡まってくっついていました。

DSC_9314_convert_20150612070637.jpg
枝も下がっていたので棚に枝を固定して完成です。

この作業をすると全てのぶどうが棚の下に下がった状態でとてもきれいに並びます。
この作業の後やっと粒抜きの作業ができるのです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。